司法書士紹介

代表司法書士 ふるしま しんいち
古島 信一
(旧姓 三宅)
愛知県司法書士会 第2175号
簡裁訴訟代理等関係業務認定 第1201063号
一般社団法人家族信託普及協会会員
法テラス民事法律扶助契約司法書士
保有資格 司法書士
行政書士
宅地建物取引士
通関士
経歴 1973年  愛知県名古屋市中川区にて出生
1989年  名古屋市立一柳中学校卒業
1992年  愛知県立惟信高等学校卒業
1996年  中京大学商学部商学科卒業
1998年  成田空港にて国際物流会社の通関部門で働く
2006年  愛知学院大学法務研究科(法科大学院)入学
2009年  愛知学院大学法務研究科(法科大学院)修了 
2012年  司法書士試験合格  
       行政書士試験合格
       その後、東京都にある2か所の司法書士事務所に勤務
2019年  名古屋高畑駅前司法書士事務所を開設

 

【プロフィール】

古島 信一

はじめまして。司法書士の古島信一です。
当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。
私は、当事務所の所在地たる名古屋市中川区で生まれ育ちました。

 

〔学生時代〕

小・中・高校時代は、部活(剣道)に明け暮れ、勉強は全くしませんでした。
大学時代は、アルバイトに精を出し将来のことなど何も考えず、これが次のような大変な事態を招くことになります。

 

〔会社員時代〕

就職活動に大苦戦。卒業間近にやっと内定をもらい、なんとか国際物流会社で働くことになりました。

仕事内容は、成田空港での通関業務です。通関業務とは、主に輸出入と関税の納税申告の手続きです。

仕事は順調なつもりでしたが、世の中は不景気でリストラが横行する時代。ニュースでは法律を知らず解雇を受け入れてしまったことが話題になっていました。

そして、私の勤めている会社でも、赤字続きでリストラがはじまりました。

自身はリストラの対象ではなかったのですが、強く衝撃を受けました。まさか自分の会社が・・ 私は対抗策として法律の勉強をはじめました。するとすぐに法律の勉強にはまり、どうせ将来リストラされるかもしれないのなら法律家になろう、そして、法律を知らずに困っている人達を助けることを仕事にしようと決意し、会社を辞め、弁護士を志し法科大学院に入学しました。

 

〔資格試験受験時代〕

法科大学院を修了するも、司法試験には合格できず弁護士にはなれませんでした。必死で頑張ったつもりでしたが、小さいころより勉強から逃げまわってきたツケがまわってきたのでしょうか。

既に職は失っており、さらには法科大学院時代に借りた奨学金という名の借金も背負いショックでした。しかし、法律家になる夢は捨てきれず、弁護士と一部仕事内容が重なる司法書士を志すことにしました。弁護士になれなかった辛い気持ちをこらえて猛勉強、翌年なんとか司法書士試験に合格することができました。
 

〔司法書士試験合格後から事務所開設まで〕

その後、東京にある2つの司法書士事務所に勤務しました。その間、3,500人ほどの相談を受けました

その中には相続の相談も多々あり、仲の良かった家族が相続で揉めバラバラになってしまったのを何度もみてきました。また、とても返済できないような多額の借金を相続し、長年返済し続けても元本が全く減らない人も多かったです。

「もっとはやく相談していれば相続争いは起きなかったのではないか」「借金を相続することにはならなかったのに」、あるいは「亡くなられた方が生前に遺言を書いていれば相続争いは起きなかったのではないか」と私は心を痛めました。

私はこのような相続争いを未然に防ぐお手伝いができる相続専門の司法書士事務所を立ち上げたい、また、生まれ育った地元たる名古屋市中川区に貢献したいとのおもいから、故郷に名古屋高畑駅前司法書士事務所を開設するに至りました。

 

〔メッセージ〕

司法書士と聞くとなにか堅苦しいイメージがあるかもしれません。実際、私が相談をお受けしたあとに相談者の方から「司法書士はもっと怖い人たちかとおもっていました」とのお言葉を頂いたこともあります。

私は法律家っぽくないといわれることが多いのですが、それは私が会社員を経験し、挫折も多く味わい、かなりのまわり道をしているからだとおもいます。

ですから、是非なんでもお気軽にご相談ください。もちろん相続に限りません。「こんなことを相談しても大丈夫なのかな」とおもってしまう方もいらっしゃるようですが、それでもかまいません。むしろそのような中に重大な問題が含まれていることが多いようにおもいます。ともに解決策を探しましょう。お待ちしております。

 

趣味 ・山登り  富士山、北岳、剱岳(つるぎだけ)、空木岳 等
・ラーメン食べ歩き
・子供と遊ぶこと(2人・上が女の子、下が男の子です)
・走ること(最近サボり気味)
座右の銘 ・どんなに悔いても過去はかわらない、どれほど心配したところで未来はどうなるものでもない、いま現在に最善をつくすことである
・自分の人生は全ての人の支えで出来ている

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー